FC2ブログ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


検索フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの頃の二人は、会うたびに雨だった。
だから
歌がうまくて、優しい目をしたあの人が言った。

「『はじまりはいつも雨』みたいだよね」

「君の名前は優しさくらいよくあるけれど
 呼べば素敵な名前と気づいた」

あの人は、ロマンチストだったっけ。

二人の初めての恋は

責任やしがらみ、なんて
現実は全然見えていなかった。

ああ、
二人とも、幼くて弱かったんだろう。

現実が見えないんじゃなくて
あえて
見なかったんだ・・・。

一生背負っていかなければならない
傷を負ってしまったあの人。

そして
その重荷を一緒に背負っていくことが
できなかった私。

でも、確かにあの時
あの人のためなら死んでもいいと思ったのは
うそじゃない。

それは愛なのか責任なのか。

この曲を聴くと
思い出される、あの時の空と瞳―



ToA Ittlwtt.

トラックバック

http://marktplatz.blog80.fc2.com/tb.php/229-512105ad


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。