カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


検索フォーム


現代人のみなさま

小一時間ほど
説教されてください。

無題

え~と・・・

何て言ったっけ?
ほら、あの、ネズミ・・・じゃなくて
ビーバーみたいなのが出てくるアニメ・・・。

そう!
なんとかチャック!

何チャックだったっけ??

え?
ロッキーチャック?
うーん・・・
なんか違うんだよなぁ。
ってか絶対違う!!

えーーーとえーーーと・・・

そうだ!!

ドンキーチャックだ!!

―約10年経過―

ってな具合に
ずっとドンキーチャックだと思っていたんですが
実は

ドン・チャック

でした。

しかも後楽園ゆうえんちのキャラクターで
ドン・チャック物語』は
そこから派生したアニメでした。

ドンキーチャックって・・・
ロバかよ(笑)



発掘現場の人形町からフラフラと放浪し
なぜだか
日本橋三越で来間屋生姜糖を買い
三越の目の前にある日本橋島根館でも生姜糖を買い・・・

いかん、本編に戻らねば!!

というわけで・・・

No6:佃といったら?
そう。
言わずと知れた佃煮です。
佃大橋のたもとには、3軒佃煮屋さんがありますので
それぞれ同じものを100gずつ買う・・・
というのはどうでしょう?

『本家』田中屋

080425中央区 (76)


『元祖』天安

080425中央区 (53)

最後はちょっと離れた位置に丸久。

お客さん(観光客)は隣接している
田中屋と天安に集中。

・・・じゃ、じゃぁ私も『本家』のほうで・・・(^_^;)

080425中央区 (73)

というわけで買ってみました。
かつお角煮(\500/100g)
葉唐辛子(\290/100g)
のり佃煮(\300/壜入り)

No7:さよなら、わたし

080425中央区 (56)
↑佃島渡舟跡
区民文化財です。

隅田川で、最後まで頑張って舟渡してたんだけど
昭和39年に佃大橋ができたため廃止されました・・・。

No8:異界への入口?

080425中央区 (63)
↑佃波除神社前にこんな看板
「佃天台地蔵尊入口→」・・・って

080425中央区 (59)
↑こんなせまっちい路地裏なんですけど?
家の入口もあるっ∑(゚□゚*
あ、でもすごい懐かしい匂いがする・・・。

080425中央区 (62)
↑ホントにあった!
イチョウの木が、天井突き破って生えてます。

No9:現役バリバリ(←死語?)

080425中央区 (65)
↑高瀬家住宅
区民有形文化財の建造物です。

昭和6年に建てられて・・・もしやずっとそのまま!?
雑貨屋さんなので日用品から駄菓子まで
売っていますよ。

No10:膝栗毛は膝毛じゃないよ

080425中央区
↑十返舎一九って・・・
すんごい久しぶりに聞く名前。

「此世をばどりやお暇に線香の煙と共にはい左様なら」
というのが時世の句。
お墓は区民文化財ですが
写真はお墓ではありません。念のため。
お墓は見れないようです・・・。
よくわかりませんが。
清澄通り沿い、新島橋手前の
『東陽院』門前に密かに立ってます。

全然関係ありませんが、この近くにある
月よし』という定食屋さんは、おいしいっす。
おかずは単品でいろいろ選べますよ(*^_^*)

文化財参考HP⇒コチラ

・・・とまぁ、我が中央区には
興味深い場所がたくさんありますね~。

余談ですが
佃島はホント静かで
子供が子供らしく感じられ
住みやすそうでした。

おしまい


オマケ映像(佃の住吉神社)

080425中央区 (72)

ど-んと聳えるビルが激しく邪魔だ(`´メ)

突然ですが、中央区内にある
記念碑・文化財・名所めぐり、なんてしてみましょうか。

まずは諸々勉強のために
タイムドーム明石へ行ってみたりします。
大人100円。

平日の開館直後だからなのか
予測どおり貸切状態です。
非常にゆっくり見学できて
なかなか良いですな。

また、この日は
人形町の方で、発掘現場を公開しているとの事。
ぜひとも行かねば!!

オマケですが、併設の区民ギャラリーで
絵画展的なものをやっていまして
いかにも話好きそうな
おばちゃまに、解説していただきました。
ご自身の描かれた絵も展示していて
「絵が描けるっていいなぁ~」
と心底思わせます。

というわけで勉強終了!

No1:始まりは、ココ。

080425中央区 (9)

080425中央区 (6)
↑慶応義塾発祥の地
080425中央区 (10)
↑蘭学事始の地

聖路加病院の近くの道端にあります。

そうそう。
明治学院や立教学院発祥の地は近くにありますし
靴産業発祥の地、だとか
指紋研究発祥の地、だとか
そんな
オモシロ発祥地もあったりします。(ちょっと遠いけど)

No2:ボランティア募集中!

080425中央区 (18)
カトリック築地教会
それはそれはきれいな藤棚もありました。
区民有形文化財の建造物です。

No3:岡山じゃけん!

080425中央区 (11)
備前橋
橋たーいっても欄干のみ。
かつて川が流れとったであろう場所は
憩いの公園やら駐車場やら、になっとる・・・。

No4:なんで鉄砲?

080425中央区 (24)
鐡砲洲稲荷神社
区民有形文化財の建造物です。
080425中央区 (26)
↑鐡砲洲稲荷神社の富士塚
区民有形民俗文化財です。
本物の溶岩で覆われていて、高さは5.4mだそうです。

都バス(東15)だと『鉄砲洲』というバス停になります。

ちなみになんで鉄砲洲なのかというと
もともと八丁堀の河口から伸びた埋立地のことで
①出洲の地形が鉄砲(大筒)の形をしていたから
  or
②ここで鉄砲の試し射ちをしたから
『鉄砲洲』と呼ばれている、ということらしいです。

No5:人形焼発祥の地か!

ついに人形町までたどり着きました。

080425中央区 (36)
↑発掘現場はココです(クリックで拡大)

080425中央区 (34)

080425中央区 (35)
↑出土品

かつてこの近辺は
江戸三座と呼ばれる歌舞伎の芝居小屋や
人形浄瑠璃の劇場なども集っていた遊興地で
こうした町人地を発掘調査するのは(恐らく)
日本でも初めてのことなんだそーだ。

この発掘現場は(諸々の理由により)
居住中心というより
茶屋みたいな商業中心だったのではないか??
・・・と
ちょーかっこいい!(と私は思う)
考古学者?学芸員?のお兄さんが説明していました。



アゲインその2に続くよ!

マジで?

都バスニュースにて

『バス停留所の新設について』
とあったのだが
なんと新設バス停名は

『ドナウ通り』

おいおい(-_-;)
目ん玉ひんむいてしまったじゃぁないか。

いくらドナウシュタットと姉妹都市だからって
『ドナウ通り』はないだろー・・・。

ちなみに
ドナウ広場もあるし。

ここは―

南千住。



※別に南千住を馬鹿にしてる
とかじゃありませんので。

意外とお嬢様?

父は商人の息子で学●院大卒
母は会社役員の娘で日本●子大卒
―な我が家。

私も子供の頃、白●合幼稚園に通っていて
小学校は学●院初等科を受験しました。
父が学●院卒だからなのでしょう。

学●院を受験するにあたり
塾的なものにも通っていました。
5歳児なのにね。

ちなみにその頃の知能テストでは
7歳児なみだったそうです。

・・・今でも7歳児なみだけど(^_^;)

さて
我が家からその塾まで
母が運転する車で通っていたんですが
途中・・・だか帰りだかに
母は本屋に寄るんです。


横溝正史の本を買うんですが
一緒に売り場に居て
何がイヤだったかって・・・

ものすごく表紙が怖い

ってこと。

今でもちょっと怖いですが
(だからブックカバーつけたまま)
5歳児にしてみれば
そりゃぁもう
軽くトラウマになりそうなほど
怖い表紙なんですわ。
この
リアルな感じが・・・

恐ろしき四月馬鹿
支那扇の女
八つ墓村
↑ほんの一例ですが。


そういえば
学●院初等科の受験はどうなたかって?
(↑誰も聞いてないけど?)

きっと
テストは問題なかったと思いますよ。
(と言い切るか!?)

でもあそこは
多額の寄付金だとか
富裕層の親同士のつきあいだとか
諸経費がかかりすぎるのでしょう。
それ以外にも
両親の面接もあることから
家庭環境も重要なポイントかと。

なわけで
結局
区立小学校に入学し
今に至るわけなんですが・・・

もし学●院に通っていたら
もうちょっとマシな人生を送れたんだろうか?

なんて考えてしまう
人生折り返し地点哉―



新発見!!

ギョーザの皮が余ってしまったので
醤油をつけてトースターで4~5分焼いてみた。

煎餅 003

薄焼き煎餅だぁっ♪

ちなみに粉砂糖ふりかけて焼いても
おいしかったですよ。
中央区民のワタクシ。
先日、愛車アウローラにて
中央区・千代田区・文京区・台東区の
4区を巡ってきました。

なぜかって?

全ての道はどこかに通じる
と信じているからです。

ちなみにナビ、なんて使いません。
GPSなんてもってのほかです。
頼れるのは
昨日覚えたグーグルマップの画と
文京区役所でもらった観光地図と
道端の案内地図と
己の帰巣本能のみ。

まずはコチラからご覧ください。

さて。
無事に蒟蒻閻魔までたどり着き
その後どうしよう
なんて思っていたのですが
そこは私。
もちろん彷徨います。

蒟蒻閻魔の裏手
(通り抜けできないのでぐるっと回ります)
にある堀坂を上って左折すると

080414特別企画 105

080414特別企画 106

ビルの中に神社!?小石川大神宮
・・・をあっさり通過し、伝通院に向かいます。

続きを読む »

おちゃのじかん

和菓子はあんまり好きではないです。
そう
あんこが好きではないから。

でも
アンマンは大好きです。
但しこしあんに限ります。

ゴマだんごとかも好きです。

という
わがまま極まりない女子1名。

財源に余力があると
必ず買ってしまう和菓子は

翠江堂のいちご大福

いちご大福 002

ちょっと見てくださいよ、奥さん!!

このでっかいいちご。
あんこも甘すぎず
いちごの酸味とスーパーベストマッチ。
まるで雪解けを思わせるような餅・・・。

至福のひと時が味わえること請け合いです。

1個210円(税込)。
翠江堂店舗は、本店と晴海トリトン店のみのようです。
HP⇒コチラ






食べられるものが
一つ増えるごとに
純粋さも
また一つ失ってゆく。

毎度おなじみoisixのお届け品目の中に
大和芋があったのさ。

人生で1回も食べたことのない
大和芋。
自分、ネバネバ食材大っ嫌い。

さぁどうする。
キャンセルするかい?

・・・。

突然閃きました。
「そうだ!とろろご飯にしよう!」

だいたい
ご飯もあんまり食べないのに
そして
1回も食べたことない大和芋なのに
なぜ
「とろろご飯」??

というわけで件の大和芋到着。
以前買ったスマートブレンダーで
すりおろす。

ズロ~ン
ベロ~ン

な感じ?

ためしにニオイをかいでみる。
・・・無臭?

一口食べてみる。
・・・無味?

っていうか・・・自分の鼻が悪い?
それとも
こういうもんなのかい?大和芋。


オール玄米ご飯にかけてみた。

ずず・・ずず・・・
やっぱり味がしない・・・??

そこで
お手製の「のりの佃煮」を乗っけてみた。

ウマー∑(゚□゚*

え、
のりの佃煮が?

いや、それもウマいんですが
大和芋と合わさると
まさに二乗三乗のウマさですわ。
いやビックリした~

それ以来
大和芋好き♪になっとさ。

すりおろして焼くだけでも
美味しいよ!


捨てたい記憶

昔もらったラブレターとか
元彼とチューしてる写真とか

を捨てるのは
案外さっぱりするものです。

どう捨てるか?

今はメールも写メもすぐ削除できますけど
一昔前は紙媒体とかじゃないですか。

丸めてゴミ箱に捨てて
万が一誰かに見られたら
恥ずかしすぎです。

なので
あの時の『事実』は
シュレッダーに
むしゃむしゃ食べさせましょう。

後に残るのは
あの時の『記憶』のみ。

これにて一件落着
と思いきや

記憶は時に美化されたり
全く違うものにすりかえられるもの。

そうなると実に厄介で
そんなマガイモノの『記憶』にしがみついてしまう。

嗚呼、いっそのこと
そんなあいまいな『記憶』も
シュレッダーに食べさせたい・・・。

↓こんなん買いました。




Deutsch的タイトル

旅行ブログもやってます。
おヒマでしたらどーぞ。

Hauptbahnhof

あ、でも非常に拙い文章ですので
流し読みでお願いします。


Hauptbahnhofとは日本語訳では
中央駅を意味します。

ちなみに・・・
本ブログのタイトルであるMarktplatzは
直訳で市場広場です。

なぜドイツ語なんでしょう・・・。


勝どき編―

080401 007
↑隅田川沿いは桜満開!

警察博物館の次は
勝鬨橋のたもと、築地側にひっそりと佇んでいる

『勝どき橋の資料館』

2005年オープン。

080401 019


昭和45年に開かずの橋になってしまった
昭和のハイテク可動橋。
実に残念です。見たかったなぁ・・・。

さてこの資料館。
ここも

入場無料

なんです。
毎週火・木・金・土のみオープンしてます。

080401 014
↑変電所って変でんしょ?(寒っ)

中はこんな感じ。

080401 010
↑橋が開く様子を説明してくれます。

080401 012
↑発電設備がどーーーーん

080401 013
↑当時のままの電気設備

ビデオでもその歴史や仕組みを説明しています。
きっと可動していた橋を知ってる方は
懐かしいかもしれませぬ。

ちなみに
橋脚内見学ツアーなるものもやってるようです。
(要予約)

現在は開かずの橋ですが
080401 022
↑今でも信号が・・・

080401 024
↑ここが開く部分。ちょー揺れます・・・

080401 017
↑移ろう景色に変わらぬ青空

勝どき橋の資料館HPはコチラ




道交法と放送法違反により
ちょっくら『警察』まで行ってきました。
ええ。
港署でも西部署でも湾岸署でもなく

『警察博物館』に。
京橋にあります。

080401 002

意外な穴場発見!!って感じです。

080401 003

でかいピーポくんと白バイがお出迎え。
この白バイ、乗れるんです!!

080401 004
↑乗ってみました(*^_^*)
歩道に面しているので
ちょーーっと、はずかすぃ・・・。

1Fから4Fまでが博物館となっています。
あ、
小さい子供は
制服着れるみたいですよ。
いいなぁ~(´・ω・`)

2Fには歴史的制服が展示されています。

3Fには殉職警官の写真やら遺品やら
拳銃やらクスリやらバッタもんやらがあって
ぷらっぷら見てたら
監視している人(警察関係者?)に
マークされていた!ような気がする・・・。
(絶対気のせいだと思いますが、怪しいっすか?私)

4Fには楽団関係や鑑識キットの展示。

子供も喜ぶ警察ゲームがいくつか設置してあります。
(モンタージュ作成ゲームとか)

自分的メインはなんといっても
ドライビングシュミレーター。
何年かぶりに運転しました。

春休みだからか?
子連れが何組か来ていました。

入場無料です。
警察博物館HPはコチラ

続いて向かうは勝どきです。

―その2に続くよ


Powered by FC2 Blog